株式会社克技術設計

土木設計、測量、調査、山形、東根、村山

株式会社 克技術設計について

土木全般の設計、測量や調査、補償コンサルタント業を行います。
国・県・市町村が発注する、道路や河川をはじめとする土木全般の設計計画を主体とし、それに伴う測量・土質調査・補償コンサルタント業を行います。その中で幣社は、道路の設計計画を中心として橋梁、擁壁、防雪対策等の構造物を得意としています。
詳しい会社情報はこちら

更新情報

見てけらっしゃい

昨日、第49回衆議院議員総選挙の投開票が・・・

 昨日、第49回衆議院議員総選挙の投開票がありました。「政治と金」、「政治家の倫理」、「解消できない新型コロナウイルス感染対策」等の問題が浮き彫りになる中で、自民、公明の連立与党が安定した議席を確保して信任を得られるか、立憲民主、共産両党などの野党勢力が伸長するかが最大の焦点となりました。
 開票の結果、総定員数465議席に対して、自民党は前回より議席を減らしたものの単独過半数を堅持し、公明党等との与党合計294と安定した議席を獲得する中、野党第一党の立憲民主党は大きく議席を減らしました。また、与野党ともベテラン議員の落選が報じられ、「ベテランより行動力があり信頼できる人」、「豊かで安定した生活を送ることが期待できる党」、「批判ではなく将来を展望する党」への投票が伺え、国民の政治に対する評価が示されました。
 米大リーグのエンゼルス大谷翔平選手が、選手投票による年間最優秀選手に輝きました。日本人初であり、あのイチローでさえ無し得なかった快挙を掴みました。野球国アメリカが認めたプレーヤとして、これからも大いに活躍をして頂きたいと思います。
 先月、結婚式がありました。

(秋の日差しの中で、二人は互いの手を取り将来を誓い合いました。)

軒先の南天の実が鮮やかに染まり・・・

 軒先の南天の実が鮮やかに染まり、コスモスの花も優しく風に揺らぐ季節となりました。
 9月3日、菅義偉総理が突然、9月に行われる自民党総裁選挙への不出馬を表明しました。総理への続投に意欲を示していた状況を一転させ、「コロナ対策と総裁選挙の両立は体力的に困難であり、コロナ対策に専念したい。」との判断であることを発言されていました。突然の辞任表明に、驚きと無念さを感じました。山形の隣県の秋田のご出身で、口数は少ないが筋を通す姿に、期待をしていた一人でもありました。しかし、新型コロナウイルスという目に見えない敵に終息の糸口を見つけることが出来ない葛藤の日々は、毎日の記者会見に少しずつ現われて来ていた様な気がします。9月29日に自由民主党総裁選挙が行われ、四人の候補者の中で岸田文雄氏が第100代目の内閣総理大臣に選任された。
 新型コロナウイルスの感染防止対策、低迷して行く景気対策、雇用問題等の国民の声に、如何に寄り添うことが出来るかが問われます。

(日差しが次第に短くなって行く中で、虫たちは次の世代への準備に大忙しです。)

残暑の和らぎに寄り添いながら・・・

 残暑の和らぎに寄り添いながら、田んぼもしだいに黄金色に染まり始めます。そして、収穫を迎え実りの喜びの季節へと秋が深まって行きます。
 ここ山形は、例年であれば川原のあちらこちらで芋煮会をして、秋の味覚に舌鼓を打ち、笑い声が飛び交い季節を楽しむ光景を目にします。しかし、昨年から新型コロナの影響で自粛され、今年も静かな河川敷になりそうです。
 先日、庭先で久しぶりに目の前を悠然と通り過ぎる姿を見かけました。それは、少年時代の私の憧れでした。大空を我がもの顔で誰がいようと目標を変えずに進むその姿は、時には少年のすぐ目の前を横切って一直線に通り過ぎて行く。大きくて勇ましく、青空を雄大に飛んで行く。しかし、着地点を見つけると、微動だにせずじっとその場に腰を下ろす。それは、「オニヤンマ」。少年時代のあの思いがよみがえってきます。
 大人になり還暦を過ぎても、まだまだ「オニヤンマ」の様には成れない自分の未熟さを知らされます。

(トンボの王様「オニヤンマ」:思わず持っていたカメラに..。)