株式会社克技術設計

土木設計、測量、調査、山形、東根、村山

株式会社 克技術設計について

土木全般の設計、測量や調査、補償コンサルタント業を行います。
国・県・市町村が発注する、道路や河川をはじめとする土木全般の設計計画を主体とし、それに伴う測量・土質調査・補償コンサルタント業を行います。その中で幣社は、道路の設計計画を中心として橋梁、擁壁、防雪対策等の構造物を得意としています。
詳しい会社情報はこちら

更新情報

見てけらっしゃい

6月下旬から30度超え・・・

 6月下旬から30度超えの気温が続き、年々猛暑の範囲が拡大しているようです。暑さによる体調の変化に対して、耐えることより木陰を求めたり、室内ではエアコンをONにして体調整える自己管理が必要です。
 弊社株式会社克技術設計の村山支店は、事務所の老朽化に伴い、今月8月8日から村山営業所として旧(村山市大字河島甲44番地)から、新(村山市大字河島甲1135番地)に移転いたします。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

6月20日、一般社団法人・・・

 6月20日、一般社団法人日本補償コンサルタント協会の入会承認を得て、入会することが出来ました。また、併せて東北支部、山形県部会に7月1日に入会致しました。
 どうぞよろしくお願い致します。

木々の葉が色濃くなる・・・

 木々の葉が色濃くなる深緑の季節を迎えました。ここ東根市は、今月中旬からいよいよサクランボの収穫が始まり、早朝から慌ただしく賑やかな収穫作業が町全体に広がります。

 新型コロナ感染は、感染者や重症者の人数が減少してきましたが、まだまだ高い状況にあり気の抜けない状況にあります。ワクチン接種も4回目に入ろうとしており、感染者が減少し以前の様な賑わいのある町並みと、社会経済の回復が望まれます。

 本日は、高校生ものづくりコンテスト測量競技部門山形県大会及び日本学校農業クラブ全国大会平板測量協議会山形県大会として、「山形県高等学校サーベイコンテスト」が山形県総合運動公園で行われ、平板、トータルステーション、UAVの3部門で競われました。第30回を迎えるこの大会は、参加高校8校の23チーム、参加者約100名で、年々女子の参加割合が増加しており、土木女子の浸透を強く感じた大会でした。男性女性に限らず、若い人たちに土木の魅力を大いに感じて欲しいと思います。

(第30回山形県高等学校サーベイコンテスト)